〜内なる自分の声に耳を傾けて〜 Relaxation Space Harmonyの日記

鹿児島市でセラピストをしているkanaeです。日々の出来事に、目に入ってくる景色に、感じた事を綴ります。あなたが自分自身の内側を見つめる時のヒントになったら嬉しいです。

四季のお話。

節分の日に、 大変お世話になっている皆様と、 高千穂神社に行きました。 高千穂神社の宮司様は、 ご祈祷後にいつも心温まるお話をして下さいます。 今回は、四季の24節気のお話でした。 グローバル化、AI化となっていく一方、 年月の移り変わりを数で感じる…

晴れ姿

今日は、成人の日ですね。 成人の皆様、おめでとうございます‼︎ 私が大学を卒業して、 社会人1年生として、勤めたのは呉服屋さんでした。 超氷河期と言われていた就職活動時代、 祖母が大島紬の織子さんだったという事、 着物が好きだった事という理由で勤め…

私、幸せです。

クリスマスの日にご予約を頂いた、22歳のお客様。 彼女が19歳の時、 成人式で、きれいな写真を撮りたいから、 ニキビ肌を少しでもおさえたいという思いで、 フェイシャルを受けに来てくださいました。 それから、成人式まで何度か来てくださって、 嗅覚反応…

This is me

先日、アメリカからいらしたゴスペル聖歌隊の歌を聞きに行ってきました。 白い服で、背格好も似たような感じでしたが、 明らかに、それぞれ個性がハッキリしていて、 それぞれの持ち味をしっかりとアピールされてました。 This is me。 わかりやすいなぁ。と…

ありがとうございました。

第4回開運フェス、皆様のおかげさまで、 今回も大盛況でした。 日差しの少ない寒い1日でしたが、 ご来場下さり、誠にありがとうございました。 今回のタイ古式マッサージ、 初めて受けられる方が多く、 様々なストレッチを受けながら 笑いが込み上げてらっし…

ハワイアンロミロミ

ハワイといえば、 年中夏のような、あったかい場所で、 そして、とても自然が溢れて、 太陽のパワーと心地よい風を感じ、 穏やかな時間が、フラダンスの如くゆったりしてるイメージ。 そして、みんな人は笑顔で、優しく包み込んで、 癒してくれる場所。 と、…

色のパワー

先日、鹿児島市で行われていた 『eimon park bazaar』に行った時の事。 友人akofullさんがカラーのお仕事の 手伝いをしていたので、 面白そうだと思い、受けてみました‼︎ 初体験で、ドキドキ 安心する笑顔と、声のトーンで、 色からのメッセージを丁寧に伝え…

タイ古式マッサージ

祖父の介護を無事終え、 就職活動しようと思っていた時、 フットヒーリングトリートメントの講座の先生が、 「うちのお店で働きませんか?」と声をかけて下さったので、講座終了後、そのまま働く事になりました。 配属されたお店が「ヌワボーラン」という、 …

祖父との時間。

寒くなると、 レミオロメンの「粉雪」を思い出します。 この曲が、ヒットしてる年、 祖父が軽い脳梗塞で倒れ、介護をしてました。 初めは、下半身が思うように動かなく、 寝たきりの状態で、認知症の症状も出てたので、 私の事が認識出来ない日もあったりし…

第4回開運フェス

前回、参加させて頂いた開運フェス。 なんと!第4回目の開催が決定し、予約受付が開始されました!! 開運フェスに参加後に、 ミラクルラッキーな出来事があった方の お話もいくつも聞かせて頂いたりもしました。 今回も、白尹風あまね先生のセッションを始…

ゆるゆるスノーマン

今日は、冷え込みますね。 鹿児島の街並みもクリスマスの装い。 私がお部屋を借りている美容室の店内にも クリスマスの飾り物が並んでました。 その中にいたスノーマンが、 ものすごく軽やかに、 ふりふりと揺れてました。 思わず、その動きを真似てみたくな…

自分の時間、作る事に決めた!

先日、初めていらしたお客様が、 アロマトリートメントの施術が終わった後、 椅子に座るなり、おっしゃいました。 「自分の時間、作ること決めた!次の予約お願いします」 目一杯スケジュールの埋まった手帳を見て、 自分のための時間を作ることだけを、忘れ…

私のところにきてくれて、ありがとう。

最近、黄金色の稲穂がたわわに垂れてるのを、 目にする事が増えてきました。 私は数年ほど前、この稲穂の話を、 先輩からお聞きし、劇を見た事があります。 ニニギノミコト様という神様が、 稲を育てることで、 この国を繁栄させるという意味で、 稲穂を持っ…

はじめまして。

鹿児島で、 セラピストをしているkanaeです。 自分のカラダで、 ココロで、 スピリットで、 瞬間瞬間の出来事に対して、 何を感じ、何を思い、どうしたいのかを 細かく感じる事を つい面倒くさがって、 目を向けなかったり、 無意識に恐れたりして 避けてし…